自己処理での脱毛について

MENU

自己処理での脱毛について

自己処理での無駄毛処理のデメリットはたくさんあります。もちろんメリットもありますよ。

先にメリットを述べるとすれば、自分の好きな時に好きな場所で行うことができるということです。

誰に見られることもなく自宅で気ままに行なったり、眉毛を整える程度なら外出先の化粧室でもできてしまいます。面倒くさがりな人だと冬は肌の露出が減るので処理する部分を減らしている場合もあるかもしれませんね。


ですが自己処理での脱毛にはそのメリットを揺るがしかねないデメリットがあるのです。

それは肌トラブルです。自己処理での無駄毛処理には肌トラブルが付き物だと言っても間違いではありません。

たとえば毛抜きで毛を抜き続けていると、埋没毛と言って皮膚の上に出ることが出来ずに皮膚内で毛が渦を巻いてしまう状態になってしまうことがままあります。これは見た目にも良くありませんし、触ると小さくぼこぼこしているのが分かるほどです。この毛を皮膚の上に出すには皮膚を少し削るしかないのですが、それを繰り返していたら肌に良くないことは明白ですよね。

また刺激を与え続けることによって色素沈着が起きてしまうことも考えられます。

自分で出来る無駄毛処理はほとんどが除毛になります。除毛ですから、すぐに無駄毛が伸びてきます。毛抜きで脱毛することもできますが、先ほども言ったように毛抜きの場合は肌トラブルの心配があります。